Adobe InDesignでプログラミングなしでiPadアプリを作れるか

Adobe InDesignを使えば簡単にiPadアプリを作れるのでないかと調査したメモ。

作りたいのは下記動画にあるようなアプリ

[Adobe TV]INTRODUCING WIRED ON IPAD

Adobe LabsのDigital Publishingには実際にInDesignを使って簡単に(プログラミングレスで)作っている動画がある。

動画では「Digital Content Bundler」を使ってInDesignから変換しているようだけど、このツールはまだ公開されていないみたい(探したけど見つからない)。そのうち公開されて使えるようになるらしい。

<追記>
2010/10/26にAdobe Digital Pulishing Suiteというツールが公開された。まだベータバージョン。商用利用でApple Storeで公開したい場合などはFAQに書いてある。

iTunes AppストアにはInDesign+Digital Content Bunlderで作成されたのをプレビューするアプリが公開されている。

Adobe Digital Content Preview Tool

ちなみに「ProBridgeDesigner-i」というツールで比較的簡単に紙媒体からiPad用のデジタルコンテンツに変換できるらしい。詳しくは下記。

プラグインでiPad化できる~iPadから見えるコンテンツの未来・その20~

さらに別の方法としては、adobe Pachager for iPhoneを使って、flashをiPhone用に変換したり、クロスプラットフォームな開発環境を使って作る方法もある。どちらも将来的にAndroidの製品などに対応させることが可能(だと思う)。

 

<関連記事>

【iOS開発】JavaScript, HTML, CSSでiPhone, iPadアプリ開発

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER