CentOSのdefault言語を日本語から英語に(timezoneも)

Singaporeに来てからは脱日本語をしつつあるので、Server周りも英語で操作することにした。

日本語でInstallした場合は/etc/sysconfig/i18nを変更する

# vi /etc/sysconfig/i18n

LANG="en.UTF-8"

timezoneもSingaporeにする。

# cp /usr/share/zoneinfo/Singapore /etc/localtime
# vi /etc/sysconfig/clock

ZONE="Asia/Singapore"

# reboot

今後はカタカナ英語を使わないことに決めた。そのうち英語でブログを書いているかも?(笑)

コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links