シンガポールへのお金の持っていき方(citibankを使う)

日本の口座にあるお金をシンガポールのATMで上手いこと引き出せないかと調べたメモ。

citibankに口座を作るとシンガポールにあるATMからS$で引き出せるので便利。私の場合は、三菱東京UFJ銀行 → シティバンク → ATMで引き出しの流れ。

三菱東京UFJダイレクトを使ってweb上で全て出来るし、citibankも同様にwebで完結できる。

ただシティバンクに振込むときに手数料(315円ぐらい)が掛かるし、ATMで引き出すときにも手数料(210円)がかかるみたいなので注意。詳しくはcitibankのホームページで。

ATM自体は地下鉄(MRT)の中にあるし、大きいビルの中にもあるので、すぐ見つかるはず。

ATMの使い方はカードを挿入して、暗証番号を打つだけ。日本語の案内もあるので簡単に利用できるはず。最初は暗証番号を入力する画面に「識別番号」と表示されるので、7桁の会員番号を入力して失敗していた。他にも戸惑った人がいると思う・・・。

就労ビザが取れれば地元の銀行に口座が開設できるので、それまでの繋ぎ。

他の人は、どうやって日本からお金を持ってきているのかな?今度会社で聞いてみよう。

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER