セッション確立プロトコルSIP(Session Initiation Protocol)

IP-PBXのAsteriskをインストールして、SIPを調査したときの覚書。

SIPとは
クライアント間でセッションを確立するための通信プロトコル
参考:Session Initiation Protocol - Wikipedia


特徴まとめ
  • セッションの管理(開始・変更・終了)だけのプロトコル。
  • HTTPベース。だからソフトウェアの実装も簡単。
  • 主にIP電話、テレビ電話、チャットなど双方向リアルタイム通信で利用されている。
  • セッションを確立したあと、RTP(Real-time Transport Protocol)を利用して音声や動画を配送するのが一般的。


暗号化せずに運用されることが多く、セキュリティの面まで考慮して実装できる人は少ない。


TLSとSRTPで暗号化する。
商用サービスでは必須だと思う(発注元から何も言われなくても)。


5G時代ではリアルタイム性の需要が増して、より活用されていくと思う。


【関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER