WindowsノートPCにCentOS7をクリーンインストール

古いノートPCにCentOSをインストールしたときの覚書。

ノートPC: NEC LaVie L PC-LL750DS3EC
発売日: 2011年03月10日
スペック: Intel Core i5, メモリ4GB, HDD619GB+65GB, BD/DVD/CD, WiFiあり

インストールに使ったCentOSのバージョン
CentOS 7 1908


1.基本設定

インストール直後はネット接続できるようにする。
ifconfigは使えないのでipコマンドを使う。
デバイスを確認して設定変更
# ip a
# less /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp4s0
ONBOOT=yes
# reboot

ネットに繋がることを確認する。
IPアドレスの確認
# ip a

まずは最新にアップデート。
# yum update

その間にメインPC(Windows10)からSSHで接続確認。
ここからはSSH経由で行う。
ホスト名を設定
# hostnamectl status
# hostnamectl set-hostname lavie.dksg.co.jp

このマシンは開発用なのでファイアウォールは停止。
# systemctl stop firewalld
# systemctl disable firewalld

SELinuxを無効にする
# less /etc/selinux/config
SELINUX=disabled
再起動
# reboot

2.sambaインストール

NetBIOSで名前解決できたり、ファイルをコピーするのに便利なのでsambaをインストール
# yum install samba

設定
# less /etc/samba/smb.conf
[global]
        workgroup = DKSG
        security = user
        passdb backend = tdbsam
        load printers = no
        netbios name = lavie
        hosts allow = 127. 192.168.
        public = yes
        map to guest = Bad User
        guest account = nobody
[opt]
        comment = Option Directory
        path = /opt
        browseable = yes
        writable = yes

確認してsamba起動。自動起動も設定。
# testparm
# systemctl start smb
# systemctl enable smb
# systemctl start nmb
# systemctl enable nmb

WindowsからNetBIOS名で名前解決できるかpingを打ってみる。
エクスプローラーで共有ファイルが見えるか確認。

起動サービスの確認
# systemctl list-unit-files -t service


3.YUMにリポジトリ追加

EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)を追加
# yum install epel-release

PHPは使わない予定なのでREMIリポジトリは追加しない。



【関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

【.NET】DataGridViewを選択した際に背景色を変更しない

【PostgreSQL】ROWNUMのように行番号(現在行)を取得するROW_NUMBER

Can't open PID file /var/run/nginx.pid (yet?) after start: Too many levels of symbolic links